梅花女学校 発祥の地

ばいかじょがっこうはっしょうのち

大阪市営地下鉄 四つ橋線 肥後橋駅前の“リーガ中之島イン”南側に隣接する“住友クラブ”の建物の南側に,人物のレリーフのついた立派な石碑が建っている。

梅花学園(元・梅花女学校)は,幼稚園・中学校・高等学校・短期大学および大学及を有するキリスト教主義の学校で,大阪府内2ヵ所にキャンパスがある。幼稚園以外は一貫して女子校。

レリーフは、梅花女学校の創設者 澤山(さわやま)保羅(ぽうろ)。山口県周防の出身で,明治初めに神戸に出て英語を学び,その後米国に留学してキリスト教の洗礼を受けた。1876年に帰国し,“浪花教会”を設立し日本で初の牧師となった。さらに日本の将来の母となる女性を キリスト教精神に基づいて教育しようと,1878(明治11)年に この地(大阪・土佐堀)に「梅花女学校」を設立した。

その後

  • 1913(大正2)年に「梅花高等女学校」と改称,
  • 1926(大正15)年,校舎を大阪・豊中に移転,
  • 1950(昭和25)年,新学制に基づき「梅花中学校」と「梅花高等学校」となり,
  • 1964(昭和39)年,「梅花女子大学」を設立

して 現在に至っている。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/school/BaikaJogakko.htm

碑文

梅花女学校発祥の地

明治11年1月この地で大阪で初めての府知事認可による梅花女学校が創立者澤山保羅によって始められた

創立120年を記念して
    この碑を建てる

平成9年10月

学校法人 梅花学園

地図

地図

大阪市西区江戸堀1丁目 付近 [ストリートビュー]