日本 地質学 発祥の地

にっぽんちしつがくはっしょうのち

自然の博物館入口の石碑とは別に, 秩父鉄道・長瀞駅の南東 400m。秩父鉄道の東側を南北に通る道路に面して [地球の窓『長瀞』]という説明板が立っている。
こちらにはより詳しい説明があって, 両方を合わせて読むと 更に理解が進むような気分になる。

【リンク】日本地質学発祥の地

[2]「地球の窓『長瀞』」

http://hamadayori.com/hass-col/education/Tisitugaku.htm

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/education/Tisitugaku.htm

碑文

地球の窓「長瀞」

国指定 名勝及び天然記念物
大正13年12月9日 指定

 長瀞の美しい渓谷は, 地下20~30キロメートルの高 圧化でつくられた結晶片岩が隆起し, 荒川の清流に磨かれ てできたものです。
 明治10年に近代地質学が日本に導入されると, 翌年に はナウマン博士が長瀞を訪れました。以来長瀞は, 多くの 研究者や学生が訪れるようになり, 「日本地質学発祥の地」 といわれています。
 岩盤は幅50メートル, 長さ600メートルにおよぶ 広大な岩石段丘です。ここは, かつての荒川の流れ出でき たポットホールをはじめ, 断層やしゅう曲などがみられ, 地 質学の宝庫として自然観察の絶好の場となっています。

地図

地図

長瀞町長瀞 付近 [ストリートビュー]