石門心学 発祥之地

せきもんしんがくはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

地下鉄 烏丸線・東西線の交わる烏丸御池駅の北東100m、静鉄ホテルプレジオ京都烏丸御池前(京都市中京区車屋町通御池上る塗師屋町339)に、1mほどの小振りな石標が2つならんでいる。

令和元年(2019) 6月、ホテルの開業の10日ほど後に除幕。石田梅岩心学講舎跡碑と並ぶ。

写真


碑文

石門心学発祥之地

石門心学(せきもんしんがく)発祥之地

石田梅岩(いしだ ばいがん)先生(一六八五~一七四四)は、京都の呉服商に勤め、独学で神儒仏を学び、そして小栗了雲(おぐりりょううん)に出会って指導を受けた。
四十五歳にこの塗師屋町(ぬしやちょう)でだれでも自由に聴講できる講義を始め、門弟にひととしてあるべき道を教えた。
彼は受講者の身分、男女、年齢、宗教を問わず、心を知るための修行を「石門心学(せきもんしんがく)」と名付け、全国に百八十あまりの講舎を設立した。
江戸時代における一大教化機関となり、明治以降の経済発展に大きな影響を与えた。
開講二九〇年に当たり、ここに記念碑を建立する。

京都市

地図

地図

静鉄ホテルプレジオ京都烏丸御池 付近 [ストリートビュー]