家庭教師 センター 発祥の地

かていきょうしせんたーはっしょうのち

JR中野駅南口の100m西側に 7階建ての“お城スタイル”と自称する 小型のビル 「日本家庭教師会館」がある。このビルの前に 金属柱型の発祥碑が建っている。

家庭教師センター発祥の地

碑はうっかりすると見逃してしまうような地味なものだが、ビル前の壁面は 「プロ家庭教師憲章」「プロ家庭教師の父 冠称の由来」「受験生応援歌の碑」 など さまざまなプレートが ところ狭しと貼り付けられ、多数のふくろうの彫刻もあり、賑やかなことである。

写真

  • 家庭教師センター発祥の地
  • 家庭教師センター発祥の地
  • 家庭教師センター発祥の地
  • 家庭教師センター発祥の地
  • 中野駅

碑文

家庭教師センター発祥の地
The Birth-place of a Center for Tutors

ここ「日本家庭教師会館」(中野区中野3丁目36番12号)の地を「家庭教師センター 発祥の地」と定め、未来永劫、後世に伝えるため、全国の家庭教師並びに家庭教師派遣業者の協賛によりモニュメントを建立するものである。 (1996年5月4日)

家庭教師センター発祥の地 (TM)
The Birth-place of a Center for Tutors

東京都中野区中野3丁目36番12号
日本家庭教師会館

由来記

わが国初の、「家庭教師センター」は、前身である私塾「和光学院」が1959年5月4日、埼玉県与野市上峰の地に誕生し、その学院における「塾教育の一環」 として、「プロ家庭教師の父」・ふくろう博士・古川のぼる氏が「プロ家庭教師指導システム」 を創案し、「家庭教師センター」と命名して設立したのに始まる。このことは NHKテレビをはじめ、各民放テレビ局、ラジオ各局、朝日新聞・毎日新聞・読売新聞、産経新聞、日本教育新聞、教育報道新聞等による全国的な報道により高 い評価を受けている。

その後、受験競争が過熱化し、社会のニーズに応えるため、1971年10月1日 東京都新宿区百人町の地に進出した。そしてこの本部移転を記念し 「日本家庭教師センター学院」と改称した。同年11月1日・個別教育の指導研究と普及推進を 図るために日本家庭教師協会を設立し、初代会長に古川のぼる氏が就任した。

1980年7月1日・日本一の高層ビル(当時)「池袋・サンシャ イン60ビル」に学院本部を移し、サンシャイン家庭教師養成学院ならびにサンシャイン医学教育研究所を 開校する一方、学院長である教育評論家・ふくろう博士・古川のぼる氏は家庭教師・ 教育関係図書を60冊余り刊行し、さらにプロ家庭教師イメージ・ソング 「夢ある子らの未来のために」、受験生応援歌「はばたけ!禁多浪」、現代童謡「べんきょうの歌」などを作詩し、プロデュースしている。

家庭教師派遣業界のパイオニア、そしてリーダーとして、1984年7月17日、家庭教師派遣業界の地位向上と確立を目指して、全日本家庭教師センター連盟を 設立し、初代会長に就任した。1992年10月には通産省より「継続的役務取引適正化研究会委員」 を委嘱され、翌年6月19日「家庭教師派遣業自主規制委員会」会長に就任し、消費者「被害・苦情・トラブル」等の解消に尽力し、また「プロ家庭教師憲章」 を創案、「ベスト・テューター賞」を創設、ならびに「2月9日」を「家庭教師の日」と命名した。 つづいて「プロ家庭教師指導システム」を、韓国はじめ世界各国へ広め、指導技術の教授、家庭教師派遣業会・家庭教師の地位向上に貢献した。

1995年10月1日、東京都中野区中野3丁目36番12号の地に、待望久しい 「日本家庭教師センター学院」本社7階新社屋ビルを竣工した。さらに 「日本家庭教師会館」の建設を機に、この地を「家庭教師センター発祥の地」と定め、全国の家庭教師、家庭教師派遣業者、ならびに一般社会の協賛により、未 来永劫、後世に伝えるため、モニュメントを建立するものである。

1996.5.4
----------------------------
日本家庭教師会館
東京都中野区中野3丁目36番12号
03-3380-2960
家庭教師派遣業自主規制委員会
家庭教師派遣業倫理審議委員会
唖然日本家庭教師センター連盟
日本家庭教師協会
日本家庭教師センター学院
日本プロ家庭教師養成学院
チャレンジ インターナショナル

地図

地図

東京都中野区中野3丁目36−12 付近 [ストリートビュー]