マレットゴルフ 発祥の地 (福井)

まれっとごるふはっしょうのち

福井市内の福井運動公園内(場所不詳)に、マレット4本を組み合わせ真ん中に球体を抱かせたオブジェクトが設置され、足元に石碑が埋め込まれている。

マレットゴルフは1977年(昭和52年)、福井運動公園指導課長らによって考案されたスポーツ。当初は、ゲートボールのスティックやボールでプレイされていたが、現在は専用のスティックとボールが使用される。

PHOTO : (PD) 藤谷良秀

写真

  • マレットゴルフ発祥の地

碑文

マレットゴルフ発祥の地

福井県知事 栗田幸雄書

地図

地図

福井運動公園 付近