越前 水仙 発祥 伝説之地

えちぜんすいせんはっしょうでんせつのち

北陸本線 大土呂おおどろ駅から西に5km。越前岬から国道305号を海沿いに5kmほど北東に行くと居倉いくら漁港になる。港の横に「越前水仙発祥の地」と書かれた 水仙ドームの案内看板があり,“越前水仙の里公園”の駐車場入り口付近に「越前水仙発祥伝説之地」 と書かれた簡素な碑が建っている。その横には 乙女の像と越前水仙伝説の説明碑がある。

水仙ドームは越前水仙の里公園のメイン施設で,一年中水仙を鑑賞することができる。その秘密は,抑制・促成栽培による栽培技術と,年間を通じて13℃以下に保つことのできる国内唯一の低温室にある。日本で初めて水仙の通年開花に成功し,多くの人に水仙の魅力に触れてもらおうと開設された施設で,常時3,000本の水仙が展示されている。公園には水仙ドームの他に,水仙ミュージアム・水仙広場・水仙観賞園・ふるさと資料館などがあり, 世界中の水仙も見ることができる。

越前水仙には 哀しい物語が伝えられている。

この地・越廼こしの村に住む一人の男が 波間から美しい娘を助け出す。 男と娘は日増しに親しくなるが,そこへ男の兄が帰郷し 兄も娘にひかれていく。 ついに兄弟は娘をめぐって争い,娘は すべて自分が原因と 海に身を投げた。翌年の春 海岸に白い花が流れつき,人々は この花はあの可憐な娘の生まれ変わりだとして, 海岸の丘の上に植えた,という。

写真

  • 越前水仙発祥伝説之地
  • 越前水仙発祥伝説之地 碑文
  • 越前水仙発祥の地

碑文

越前水仙発祥伝説之地

越前水仙伝説

 平安の末,越廼村居倉浦の山本五郎左衛門は,長男一郎太と共に源平の戦いに加わっていました。
 留守を守っていた次男の二郎太 は,或る日海岸で一人の美しい娘を助け上げ,二人はしだいに親しくなりました。夏も終りに近づいた或る日,戦いで傷ついた一郎太 が,父の戦死の報とともに帰ってきました。娘を見た一郎太は,日ごとに娘に心を奪われていきまし た。その年の冬,兄弟は娘をめぐり決闘することになりました。対 決する二人の姿に苦しんだ娘は, 荒れ狂う海に身を投げてしまいました。翌年の春,刀上の浜に見たことのない美しい花が流れつきました。村人たちは,この花こそあの清楚で可憐な娘の化身にちがいないと,丘の上に植えていつくし みました。その冬,美しい水仙の花が咲きました。

地図

地図

福井市居倉町 付近