いけ花 発祥の地

いけばなはっしょうのち

烏丸御池からすまおいけ”交差点から烏丸通りを南へ500メートル。六角通りを東に入るとすぐ左に「紫雲山頂法寺」がある。華道発祥之地と同じく六角堂の境内にあります。六角堂を山門から入り、左の奥に、横長の石碑が横たわっています。

いけ花発祥の地

発祥碑の背後には『池坊専応口伝』という文書が掲げられていて、次の説明が添えられています。

『池坊専応口伝』について

いけ花発祥の地モニュメントの背景となっている文書は、『池坊専応口伝』の冒頭の部分です。

十六世紀の中頃、池坊家の祖先、池坊専応がその弟子に授けた花伝書で、「瓶に美しい花を挿すこと」と、池坊が伝える「よろしき面影をもととする」いけばなの違いを説いています。

川端康成氏はノーベル賞を受賞した時、「美しい日本の私」と題した記念講演の中で、日本美術の特質と伝統について述べ、この花伝書を引用して、いけばなが小さい瓶上に大きい自然を象徴するものであること、「野山水辺をのづからなる姿」を花の心として、れた器、枯れた枝にも“花”があり、そこに花による悟の種がある――と解説され、各方面から注目されました。

池坊ではこの花伝書を『大巻おおまき伝』といい、いけばなの根本を示す花伝書として代々継承して、今も相伝を続けています。

同じ六角堂境内にある華道発祥之地のページも併せてご参照ください。

写真

  • 六角堂山門前 駒札
  • 六角堂
  • いけ花発祥の地
  • いけ花発祥の地
  • いけ花発祥の地
  • いけ花発祥の地
  • 269いけ花発祥の地.いけ花発祥の地
  • いけ花発祥の地

碑文

いけ花 発祥の地

六角堂頂法寺

華道家元
池坊

六角堂

寺号を紫雲山しうんざん頂法寺ちょうほうじと号する寺で、本堂が六角宝形造ほうぎょうづくりであることから、一般に「六角堂」の名で人々に親しまれている。

開基は、聖徳太子で、四天王寺建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた時、霊告によってこの地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられている。早くから人々の崇敬を受け、弘仁十三年(八二二)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳二年(九九六)には花山法皇の御幸があり、西国三十三ヶ所観音霊場(現十八番の札所)となったと伝える。建仁元年(一二〇一)、親鸞上人が当時に百ヶ日間参籠して霊告を受け、後に真宗を開宗する根源となった。
本堂には、聖徳太子の持仏と伝える本尊如意輪観音像、親鸞像、毘沙門立像(重文)などを安置する。本堂前の六角形の礎石はへそ石といい、古来、京都の中心にあたるとされてきた。

また、本堂北の本坊は池坊いけのぼうと呼ばれ、室町時代以降、多くのいけ花の名手を輩出したところで、華道発祥の地として有名。現在も池坊華道の拠点となっている。

京都市

地図

地図

京都 六角堂 付近