華道 発祥之地

かどうはっしょうのち

烏丸御池からすまおいけ”交差点から烏丸通りを南へ500メートル。六角通りを東に入るとすぐ左に「紫雲山頂法寺」がある。この寺の本堂(別名「六角堂」)の正面の左右の柱に「華道発祥之地」と書かれた看板が掲げられている。

華道発祥之地

頂法寺は聖徳太子が創建したと伝えられ、その本坊は「池坊」と呼ばれて華道「池坊」の家元でもある。

同じ六角堂境内にあるいけ花発祥の地のページも併せてご参照ください。

写真

  • 華道発祥之地
  • 華道発祥之地
  • 華道発祥之地 六角堂
  • 六角堂 門前
  • 六角堂 臍石

碑文

華道発祥之地
六角堂寺号を紫雲山しうんざん頂法寺ちょうほうじと号する寺で、本堂が六角宝形造ほうぎょうづくりであることから、一般に「六角堂」の名で人々に親しまれている。開基は、聖徳太子で、四天王寺建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた時、霊告によってこの地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられている。早くから人々の崇敬を受け、弘仁十三年(八二二)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳二年(九九六)には花山法皇の御幸があり、西国三十三ヶ所観音霊場(現十八番の札所)となったと伝える。建仁元年(一二〇一)、親鸞上人が当時に百ヶ日間参籠して霊告を受け、後に真宗を開宗する根源となった。
本堂には、聖徳太子の持仏と伝える本尊如意輪観音像、親鸞像、毘沙門立像(重文)などを安置する。本堂前の六角形の礎石はへそ石といい、古来、京都の中心にあたるとされてきた。また、本堂北の本坊は池坊いけのぼうと呼ばれ、室町時代以降、多くのいけ花の名手を輩出したところで、華道発祥の地として有名。現在も池坊華道の拠点となっている。京都市

地図

地図

京都 六角堂 付近