隠岐騒動勃発地

おきそうどうぼっぱつち

明治元年、江戸幕府領で松江藩の預かり地であった隠岐国で尊王攘夷派の島民らが中心となって松江藩郡代を追放し81日間自治を行った。この時、島民は郡代に選別として米や酒等を渡した、無血革命だった。このことについて、隠岐コミューン発祥の地とも言うらしい。

しかし、松江藩はすぐに隠岐に出兵し隠岐を奪還。その後鳥取・薩摩・長州の介入により松江藩の兵は撤退し、鳥取藩預かり地となる。

隠岐郡西郷町は、2006年(平成18年)島内町村が合併し隠岐郡隠岐の島町となった。

写真


地図

地図

隠岐の島町西町八尾の一 付近 [ストリートビュー]