端野町 水田 発祥の地

たんのちょうすいでんはっしょうのち

石北本線 愛し野いとしの駅から 北に800m。国道39号の北西側を並行して通る道路と 東12号線の交差する角(廃校の向い側)に, 白い石碑が建っている。

端野たんの町は 北海道網走支庁管内にあった町で, 2006年に常呂ところ町・留辺蘂るべしべ町と共に北見市と合併した。

この地域は,1897(明治30)年から 北光社移民団(土佐からの移民団・112戸)及び屯田兵によって 開拓が始まった。当初は 小麦・豆類・ジャガイモなどの主食作物に始まり, 1901(明治34)年以降はハッカの栽培が積極的に行なわれた。

稲作の試みは 入植の数年後から行なわれたが 成功には至らず,1924(大正13)年になって 灌漑用水路が 完備した後に広く行なわれるようになった。

北海道内の発祥の地碑として数多く水田発祥の地が数えられるが、《北海道「水田発祥の地」記念碑》という書籍が発行されるほどである。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/agri/SuidenTanno.htm

地図

地図

端野町三区 付近 [ストリートビュー]