イトムカ鉱山 発祥の地

いとむかこうざんはっしょうのち

光輝く水をあらわすアイヌ語由来の名前「イトムカ」。かつては水銀鉱山として利用されていた。現在は水銀を扱う技術で乾電池や蛍光灯などの水銀含有廃棄物処理を引き受ける、日本唯一の処理場となっている。

参考

写真


碑文

イトムカ鉱山発祥の地

地図

地図

北見市留辺蘂町富士見 付近 [ストリートビュー]