ウルフカブ 発祥の地

うるふかぶはっしょうのち

山陽電鉄須磨浦公園駅より東に400m。山陽電鉄とJRに挟まれた細長い地形に沿って 北西方向に須磨浦公園の松林が延びている。その中央付近に 腕を上方に伸ばして直立している少年の像が建っている。像の足下に「ウルフカブ発祥の地」と書かれた白い円柱状の碑がある。

“ウルフカブ”とは“狼の子供”のことで,8歳から11歳(小学校2年生から小学校5年生)までの少年が入隊するボーイスカウトの下部組織で,現在は“カブスカウト”という呼び名になっている。

ボーイスカウトの組織は年齢別に分かれており,

  • 小学校入学前~小学2年生  ビーバースカウト
  • 小学校2年生~5年生     カブスカウト
  • 小学校5年生~中学3年    ボーイスカウト
  • 中学校3年~18歳      ベンチャースカウト
  • 18歳~25歳         ローバースカウト

として活動する。

日本でカブスカウト(ウルフカブ)隊が組織されたのは 1918(大正7)年に居留外国人が組織したものがあったが,日本人の手によって作られたのは,1923(大正12)年に “須磨浦向上会ウルフカブ隊”が最初で,この発祥碑は,1980(昭和55)年に ボーイスカウト兵庫連盟の結成30周年を記念して建立された。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/culture/WolfCub.html

碑文

ウルフカブ発祥の地

大正12年12月古田誠一郎
によって須磨にウルフカブ
が誕生した
兵庫連盟30周年を記念して
こゝに加盟員一同この像を
建立する

ボーイスカウト日本連盟
日本ボーイスカウト兵庫連盟
1980・7・20

ウルフカブ発祥の地碑

地図

地図

須磨区一ノ谷町5丁目 付近 [ストリートビュー]