愛媛 農学 教育 発祥之地

えひめのうがくきょういくはっしょうのち

予讃線 松山駅から東へ約3km、伊予鉄各線の警察署前すぐの愛媛県警察 松山東警察署(松山市勝山町2丁目13-2)敷地 北西隅に、大きな石碑が立っている。

明治33年(1900) に愛媛県農業学校が開校し、時代によって変遷を繰り返し、愛媛大学農学部となった。

参考 三津ヶ浜のげんたろう(その3)予備.zip

写真


碑文

愛媛農学教育発祥之地

ここ持田の地に明治三十三年愛媛県農業学校が創立された その後愛媛県立松山農業学校 同農林専門学校 同松山農科大学及び附属農業高等学校となり さらに愛媛大学農学部へと発展し幾多の人材を輩出した
創立以来八十年わが同窓会はこの地が愛媛農学教育発祥の地である歴史的意義に思いをいたし 日本農業の発展と母校の弥栄を願ってこの碑を建立する

昭和五十五年十月吉日

愛媛大学農学部ユーカリ会
愛媛大学農学部開学八十周年記念事業会

地図

地図

松山市勝山町2丁目 付近 [ストリートビュー]