松山工業高等学校 発祥之地

まつやまこうぎょうこうこうはっしょうのち

 
調査:
2015年3月(写真 T.Hさん)
2022年3月(写真 まさ・なち さん)

伊予鉄 松山市駅から北東に500m、市役所の裏手にあたる番町小学校(松山市二番町4丁目6-1)の南西隅に、カチっとした石碑がある。

【リンク】松山工業高等学校

写真

  • 松山工業高等学校発祥之地(2022)
  • 松山工業高等学校発祥之地(2022)
  • 松山工業高等学校発祥之地 沿革(2022)
  • 松山工業高等学校発祥之地

碑文

愛媛県立松山工業高等学校発祥之地

沿革

一、明治四十二年九月
当二番町に於いて開校
(現番町小学校)

一、大正三年三月
味酒町に校舎新築 移転
(現味酒児童遊園地付近)

一、昭和九年四月
現在地の真砂町に校舎新築  移転
(現藤原小学校跡)現在に至る

愛媛県立松山工業高等学校同窓会
会長 三浦 保
平成八年三月吉日建立

地図

地図

松山市二番町4丁目 付近 [ストリートビュー]