ゲートボール 発祥の地

げーとぼーるはっしょうのち

JR根室本線 芽室めむろ駅から北に約1km、運動公園の北西角 国道38号線沿いに背の高い石碑が立つ。

(どちら様か、写真をお送りいただくとハンターがたいへん喜びます)

写真


碑文

ゲートボール発祥の地

創始者 鈴木和伸

ゲートボール発祥の地記念碑

ゲートボールの創始者鈴木和伸氏は、昭和二十一年芽室町に移住、戦後の厳しい世相の中で、人々に健全なレクリェーションをと日夜研究と試作を重ね、遂にゲートボール競技を考案、その普及に努めた。今や日本のみならず広く世界へと普及発展し親しまれているゲートボールの創始者鈴木和伸氏の偉大な業績を讃え、老人クラブ連合会及びゲートボール協会は、こゝにゲートボール発祥の地として記念碑を建立する

昭和六十一年七月

芽室町ゲートボール協会長 高道竹二郎 建立
河西郡芽室町長 中原孝一 撰文

地図

地図

芽室町 付近 [ストリートビュー]