四国の相撲の発祥地

しこくのすもうのはっしょうち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

琴電 滝宮駅のすぐ西、滝宮天満宮(綾歌郡綾南町滝宮1314)境内にある土俵脇に、案内看板がある。

写真


碑文

当天満宮と相撲の由来

滝宮天満宮は学問の神様菅原道真公すがわらみちざねこうと相撲の神様野見宿禰命のみのすくねのみことを御祭神としておまつりしてあります。野見宿禰は垂仁天皇の時代に、出雲国より召され暴勇不遜ぼうゆうふそん、その類ない大和国當麻蹶速たいまのけはやと猛然、相撲をとり、立どころにこれを殪し、蹶速けはやの所領を賜はって、大和国に住はれた。野見宿禰は武力が勝れていただけでなく、仁愛じんあいの心深く、皇后日葉酢媛ひはすひめが崩ぜられたとき、埴輪はにわを作りじゅん死に代えることを奏して容れられ、その功によって、土師臣はじおみの性氏を賜はったことは、有名な話である。野見宿禰の子孫は代々、土偶どぐうを作っていたので土師の姓を称えていた。土師はじ古人ふるんどの世になって、その居地が大和国菅原邑であったことから菅原氏と改められた。菅原古人ふるんどは菅公の曽祖父である。このような由緒があるので、當天満宮は千有余年の昔から毎年、九月二十五日を秋祭の日と定め、陶家とうやが中心になって奉納相撲を盛大にとりおこない、遠祖の遺徳をしのぶと共に、心・技・体の相撲の心を培かってきた。

初稽古
毎年一月一日午前〇時
香川県春期少年相撲選手権大会
五月五日
香川県臭気相撲選手権大会
(一般飛入歓迎)
九月十五日
陶家相撲
毎年九月二十五日

四国の相撲の発祥地

地図

地図

綾歌郡綾南町滝宮 付近 [ストリートビュー]