鐘淵紡績株式会社 発祥の地

かねがふちぼうせきかぶしきがいしゃはっしょうのち

東武伊勢崎線の堀切駅から 南に約500メートル。 墨堤通りが 旧綾瀬川を渡る “綾瀬橋”の南東側に カネボウ物流の建物がある。カネボウ物流の会社の構内に石碑がある。

石碑の本体は 明治22年に設置したもので,裏面には 昭和40年に 工場の移転・操業停止した ことを記念するプレートが添えられている。

なお, この碑は 会社の敷地内の奥まった所にあるため, 見るには 許可が必要。

この地は, かつては 鐘紡(鐘淵紡績)の大きな工場があった場所で, 現在 その一部が カネボウ物流の本社になっており, カネボウ㈱の 登記上の本店でもある。

1887(明治20)年「東京綿商社」が ここ鐘ヶ淵に創立され, 紡績工場を創業。1893(明治26)年には 社名を「鐘淵紡績(株)」に改称, ここ鐘ヶ淵の工場は 「東京工場」と呼ばれた。

鐘紡は 各地に工場を広げ, 世界有数の紡績会社となったが, 1969(昭和44)年 東京工場は操業を停止した。


2008.8

東武伊勢崎線の堀切駅から 南に約500m。 “綾瀬橋”の南東側にある KCロジスティクス社の東側に“ 園”という 小公園がある。この中に「鐘淵紡績株式会社発祥の地」の石碑が建っている。

「鐘淵紡績」は「鐘紡」「カネボウ」と社名を変更し,多角経営を推進して業容を拡大したが, 1990年代後半からの経営不振を粉飾決算で糊塗することを繰り返し,逐に 2004年から産業再生機構の下で再建がはかられた。その結果 2007年に,カネボウは子会社の「カネボウ化粧品」を花王に売却し,同時に「カネボウ」の商標は「カネボウ化粧品」に譲渡され,カネボウ自体は解散して クラシエ・グループとなった。

この過程で 旧・カネボウグループは大幅に整理され,この地にあった「カネボウ物流」は カネボウ化粧品の系列会社「KCロジスティクス」と名称を変更した。同時に カネボウ物流の会社構内にあった鐘紡記念公園は 会社の東側の一角に移され.「鐘淵紡績発祥の地」の石碑や 同じ場所にあった「震災記念観世音菩薩」や「大震災復興記念碑」などがここに移設された。「鐘紡記念公園」は現在「カネボウ物流公園」という名前で 近隣に公開されている。

地図は、カネボウ物流公園の場所を示す。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/company/kanebo.htm

地図

地図

墨田区墨田5丁目 付近 [ストリートビュー]