甘藷 発祥の地

かんしょはっしょうのち

九州・沖縄を通じて交通量がもっとも多いと言われる国道58号を嘉手納町役場から南に進み、“兼久海浜公園前”バス停の250mほど南。道路脇の1.5mほど高い位置に「甘藷発祥の地・野国いも宣言」と書かれた黒い石碑が建っている。近くには「野国貝塚群」という案内標識がある。

甘藷発祥の地

「甘藷」(=さつま芋)は中南米原産と言われ、日本へは17世紀に中国から沖縄に伝えられたのが最初である。

野国のぐに村(現 嘉手納かでな町)に生まれた“野國總管のぐにそうかん”という人物は、明(中国)への朝貢団を運ぶ進貢船の乗組員として福建省に渡った。そこで栽培されていた甘藷が、美味で栄養豊富であり、痩せた土地でもよく育つ丈夫さに目をつけ、沖縄に持ち帰った。

当時の沖縄は耕地の大部分はやせた畑で、台風と干ばつとが交互に襲う土地柄であったため、慢性的に飢饉が起こっていた。野國總管はこの状況を憂い、常々何とかならないものかと思っていたため、栽培が容易な甘藷の栽培法を調べ、種いもを持ち帰った。1605年のことだった。

野国村で試作を始めた甘藷は、間もなく農政の専門家である儀間真常の目に留まり、伝来から15年の間に沖縄本島全域に広まり、日常の食料として、また飢饉の際の非常食として広く栽培されるようになった。やがて薩摩藩を通して日本本土にも広まり、幕府の奨励も得て全国民がその恩恵に浴することとなった。

野國總管という名前は本名ではなく、“野國”は旧野国村を、“總管”は進貢船の事務長ともいうべき職名を表しているという。実名は現在に伝わっていない。

甘藷伝来400年を迎え、嘉手納町では野國總管の功績を称えて甘藷を「野国いも」の愛称で呼ぶとともに、野國總管と我が国における甘藷発祥の地・嘉手納を広く全国にアピールするため「野國總管甘藷伝来400年祭」を挙行。この碑を建立した。

残念ながら関東にいる限りでは「野国いも」の名前が全国に広まった様子はない。

写真

  • 甘藷発祥の地
  • 甘藷発祥の地
  • 甘藷発祥の地
  • 野国貝塚群 案内板

碑文

甘藷発祥の地

  野国いも宣言

 1605年,我が町の先達・野國總管によって中国福建省からもたらされた甘藷は,野國總管生誕の地・野國を発信基地として琉球の全ての村々へ,そして,薩摩を経て全国へと広まり,人々を飢えや飢饉から救い,全国民が等しくその恩恵に浴することになりました。今日,甘藷は未来を希求する健康食品として注目を浴びております。甘藷伝来400年の節目を迎える2005年,野國總管の偉業を奉祝する「野國總管甘藷伝来400年祭」が全町民の手により挙行されました。この慶賀を機に,我が国における甘藷発祥の地・嘉手納を全国に広く発信するとともに,野國總管を称え,甘藷を「野国いも」の愛称で呼ぶことを高々と宣言し,ここに記念碑を建立します。

2005年10月1日

野國總管甘藷伝来400年祭実行委員会
        実行委員長 嘉手納町長 宮城篤実

地図

地図

中頭郡嘉手納町 付近 [ストリートビュー]