交通安全 祈願 発祥の地

こうつうあんぜんきがんはっしょうのち

明治41年(1908)8月、自動車乗車を奨励する自動車宮様とも呼ばれた有栖川宮威仁ありすがわのみやたけひと親王率いる日本で初めての遠乗会ドライブツアー」が催され、国立くにたち市(当時は谷保村)の谷保やぼ天満宮梅林まででかけ昇殿参拝した。このことから、日本で初めて交通安全祈願がなされたと主張しています。また、その食事の席上において、日本で初めての自動車倶楽部も設立されたようです。

東京から谷保まで30km余。今のような渋滞も無ければ、ろく整備されていない道路を、初の国産ガソリン車 吉田式自動車など10台連ねて事故も故障なくガタクリガタクリ走りきるのはそれなりの大冒険であったと思われます。ちなみに吉田式自動車タクリー号の最高時速は16km/hほどでした。

発祥地の表示自体は小振りなアクリル板のようなものが、境内入口と国道20号沿い大鳥居の脇との2ヶ所に建てられている程度。しかし交通安全祈願発祥に対しては情熱的で、お札授与所でも交通安全関係のものが多く見受けられます。

谷保天満宮は菅原道真とその三男・菅原道武が祀られていることで、学業の神として慕われています。

なお、地名等の読みは「やぼ」だが、南武線の駅だけは「やほ」です。

余談だが,「谷保」という地名は 本来「やぼYABO」と読んだらしいが,鉄道が敷設されたとき 駅名を 「やほYAHO」としたため,地名までが「やほ」と呼ばれるようになった。“きわめて野暮なこと”を意味する“野暮天やぼてん”という言葉があるが, これは「谷保の天神」からきた言葉とされている。しかし谷保天満宮のウェブサイトを見るに、天神さんの名称は「やぼYABO」であるとゆるやかに主張されている。

リンク

写真

  • 交通安全祈願発祥の地
  • 交通安全祈願発祥の地
  • 谷保天満宮 神牛
  • 谷保天満宮 神牛
  • 遠乗会説明と当時の新聞コピーのパネル
  • お札授与所
  • 谷保天満宮
  • 交通安全祈願発祥の地 谷保天満宮 大鳥居
  • 交通安全祈願発祥の地 大鳥居脇

地図

地図

国立市谷保 付近 [ストリートビュー]