日本 近代詩 発祥の地

にっぽんきんだいしはっしょうのち

仙台駅の北100m。駅東口北側に 小公園「藤村広場」があり, ここに 自然石の発祥碑と 説明板が建つ。また 藤村広場の近くの「塩竃神社」にも 同様の説明板が建っている。

仙台駅東口の北側一帯は 戦前は国鉄の操車場があったとのことで, その後 無計画な市街地がスプロール状に拡がり, ゴミゴミした汚い街になっていたが, 1988年から「仙台駅東口第二地区区画整理事業」が大規模に行われ, 道路も街並みも一変してしまった。その結果はまだ地図にも正確に反映されていない。

明治の中頃, この地にあった 旅館兼下宿屋「三浦屋」に, 島崎藤村が下宿していた。 その跡地に“名掛丁藤村広場”ができ, 藤村記念碑(発祥碑)が建立された。「近代詩発祥の地」とは 意味のわかりにくい表現だが, 「藤村が 詩集『若菜集』 を出版した場所」という意味である。

碑の除幕式は 若菜集の発刊日である (2005年)8月29日に行われた。


初恋通りにも表示があるという。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/art0/Kindaishi.htm

碑文

日本近代詩発祥の地

名掛丁藤村下宿「三浦屋」跡

  ここ三浦屋にありて
  若き島崎藤村
  日本近代詩の夜明けをつげる
  『若菜集』を生む

日本近代詩発祥の地碑

地図

地図

仙台市宮城野区東六番丁 付近 [ストリートビュー]