日本 最古の 温泉記号

にっぽんさいこのおんせんきごう

JR信越本線磯部駅の北300m磯部公園に、「日本最古の温泉記号」と書かれた石碑が設置されている。付近には「温泉記号発祥の地」の標識が複数掲出されている。

日本最古の温泉記号石碑および周囲には詳しい説明はとくに無いが、磯部公園には数々の詩歌が彫刻された石碑が多数設置され「詩碑公園」と呼ばれる。

由来の説明をした案内板や『最古の温泉記号を描いた絵図』の碑は長寿館という旅館の前にある(現在は営業していないようで、デイサービスの札が掲げられています [2016.02])、足湯の東屋に隣接して設置されている

温泉記号 関連ページ

徒歩圏の近所ながらも場所が違うのでページを分割しました

【リンク】安中市役所

写真

  • 日本最古の温泉記号
  • 日本最古の温泉記号
  • 日本最古の温泉記号
  • 日本最古の温泉記号
  • 日本最古の温泉記号 磯部公園案内図板
  • 日本最古の温泉記号 温泉会館

碑文

日本最古の温泉記号発祥の地

万治4年の絵図より

日本温泉記号発祥の地 記念碑

万治4年(1661年)今から320年前の 3月25日付の江戸評定所(現在の最高裁) 判決文「上野国碓氷郡磯部村と中野谷村就野論裁断之覚」の添付図によると この地に二ヶ所の 温泉マークが記入されていました。専門家の 調査結果、これが日本最古の温泉記号であること が判りました。日本の7万軒の温泉旅館ホテルが 現在使用している温泉マークの起源といえましょう。

当時、忠臣蔵で知られる吉良若狭守の下西森 洞田・設楽家の農民が村境で草刈場の入会権を めぐって永く争い 評定所の裁断を仰いだのでした。

このマークは造物的に古今に類をみない ユニークなデザインといえましょう。

地図標示の制定は明治33年でした。

   昭和56年12月
        安中市観光協会
        磯部温泉旅館組合

地図

地図

群馬県安中市磯部1丁目 磯部公園 付近

360°パノラマ