碓氷安中地区 中等教育 発祥の地

うすいあんなかちくちゅうとうきょういくはっしょうのち

JR信越本線の安中駅から、国道18号を西に約3Km。安中実業高校の正門を入ったフェンスの内側に大きな石碑が建つ。

碓氷安中地区中等教育発祥の地

明治30年この地に「群馬県尋常中学校碓氷分校」が開校した。この地域で最初の中学校であった。その後名称は「群馬県安中中学校」「群馬県立高崎中学校安中分校」「群馬県第二師範学校」と変わったが、大正2年に廃校となった。その跡地に「群馬県立蚕糸学校」が創設され、「群馬県立蚕糸高等学校」を経て、現在の「安中実業高校」に引き継がれた。

(2008.7追記)

2006年安中実業高校と安中高校とが統合されて、新しい全日制総合学科高校「群馬県立安中総合学園高等学校」が安中実業高校の場所に開校された。
安中実業高校と安中高校は2008年に閉校となった。

【リンク】安中総合学園高等学校

写真

  • 碓氷安中地区中等教育発祥の地
  • 碓氷安中地区中等教育発祥の地
  • 安中実業高校

碑文

碓氷安中地区中等教育発祥の地

地図

地図

安中市安中 安中総合高校 付近 [ストリートビュー]