小栗判官 説話 発祥地の碑

おぐりはんがんせつわはっしょうちのひ

情報求
調査:
情報による存在確認のみ

真岡鐵道 久下田駅から南東に約6.5km、JR水戸線 新治駅から北西に4.5km、小栗と名の付く町の一向寺本堂前に石碑が立つ。

写真


碑文

小栗判官説話発祥地の碑

小栗の物語は民衆が生んだ壮大なロマンである。伝承によると祖は、桓武平氏の流れの平重家。常陸国小栗邑(協和町)に小栗姓を名乗り築城、十五代、約三百年間続いた名家。
 代々、小栗御厨(伊勢神領)の在地領主を務めたが、応永の戦乱で落城した。十四代満重は死、その子、助重はかろうじて脱出した。
 後の結城合戦で功を立て再興したが、次の合戦に敗れ、三河(愛知)に落ちて行く。この助重が世上知られた説経「小栗判官」に相当すると云う。助重の波乱万丈の生涯は説話の格好の素材となった。原型は一向寺などに拠る時衆(宗)の沙弥、巫子たちが小栗と郎党の霊を慰撫する為語り始め、時宗本山遊行寺(清浄光寺)に伝えられた。更に青墓(岐阜)和泉(大阪)などの遊芸人、熊野の比丘尼達が唱導文芸として創り膨らませ、伝播させた。
 江戸期、近松門左衛門の浄瑠璃「当流・小栗判官」が人気を呼び、以后、様々な小栗ものが登場した。実像の小栗は常陸が本地だが、ここに虚像の小栗ものが入り、説話として今日に語り継がれて来た。小栗の郷は小栗判官説話発祥の地である。

桂北山一向寺五十八世 

地図

地図

筑西市小栗 付近 [ストリートビュー]