関の五本松節 発祥の地

せきのごほんまつぶしはっしょうのち

JR境線 境港駅から 東に8km。島根半島の西端, 美保関漁港から西側に500mほど 小高い山を上ると,“五本松公園”がある。 公園のほぼ中央付近に 白っぽい平板状の石碑が建っている。

江戸時代,この地に 樹齢三百年という五本の松があり, 船乗りたちの格好の目印になっていた。 ここを通り掛かった松江藩主が“通行の邪魔になる”と, そのうちの一本を切ってしまった。土地の人たちはこれを悲しみ, 一本伐られて残った四本を 2組の夫婦松と見立てて, “一本切りゃ四本”の歌を作ったという。この「関の五本松節」の歌は 有名な島根県の民謡として, 現在も全国的に歌われている。

当時の松は台風で倒れたり, 松くい虫で枯れたりして, 現在は 三代目の松が育てられている。写真の右側に写っているのは“四本松”の切り株。 しかし これらは近年作られた“コンクリート松”だそうだ。松のそばには「旧松江街道」の標識が建つ。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/music/SekinoGohonmatu.htm

碑文

関の五本松節発祥の地

関の五本松 一本切りゃ四本
 あとは切られぬ 夫婦松

関の五本松節保存会創立七十周年記念事業
平成五年十月十六日建之

地図

地図

松江市美保関町美保関 付近