うれしの茶 発祥の地

うれしのちゃはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

天然記念物となっている大茶樹の入口駐車場近くに、立派な石碑が建つ。

写真


碑文

うれしの茶発祥の地

碑文

うれしの茶の歴史は古く、(一四四〇年)不動山に移住した陶工らは、自生する山茶を摘み自家用茶を製した。これがうれしの茶の始まりである。その後一五〇四年この地に唐釜による中国式釜いり製茶技術が伝えられたと云う。
一六四〇年代肥前白石在の郷士吉村新兵衛がこの地に入り茶の栽培製茶を興した。以来この地方一帯に茶の生産が普及し、今日全国屈指の銘茶産地として知られるに至った。この度先人達のたゆまぬ努力、精進に心から感謝の意を表すと共に、地域の活性化とうれしの茶の限りない発展を祈念し、うれしの茶発祥地の碑を設立する。

平成四年参月

嬉野町長 大渡鐵郎

地図

地図

嬉野市嬉野町大字不動山乙 付近 [ストリートビュー]