雪まつり 発祥の地

ゆきまつりはっしょうのち

北手宮小学校へ通じる坂道の下に 「雪まつりの発祥の地」 「雪まつり資料館」と書かれた看板が建っている。これに従って急な坂道を上ると そのまま 北手宮小学校の校門に導かれ, 校門の内側の 石垣の上に 発祥碑が建っており, 小学校の校舎には「雪まつり資料館」の看板が見える。

毎年 2月になると 札幌市で「さっぽろ雪まつり」が行われる。市内3ヵ所の会場で 雪や氷の大小の像を展示しており, 例年 200万人もの観光客が集まる一大イベントである。この 雪像を作るアイデアは, 小樽市の北手宮小学校において始まった “雪まつり”を参考にして企画された。

北手宮小学校では 1935(昭和10)年に 最初の“雪まつり”が開催された。 1ヶ月近くの時間をかけて ダルマや唐獅子などの雪像が 生徒の手で造られたという。 このイベントは 70年経った今も続いているとのこと。

発祥碑は 小学校創立50周年を記念して建てられ, 碑文には 雪まつりの開催を提案した 第2代校長・高山喜市郎氏の詩が刻まれている。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/event/YukiMaturi.htm

地図

地図

小樽市梅ヶ枝町 付近