私立 小樽 盲啞学校 発祥ノ地

しりつおたるもうあがっこうはっしょうのち

2014年3月いっぱいで閉校した小樽聾学校の旧校地に、聾学校の前身盲唖学校発祥の碑が建てられ、開校記念日に合わせた2017年6月4日に記念式典が挙行された。

小樽盲唖学校は、小樽教育発祥の地 量徳小学校の教諭で盲唖者のクラスを担任した小林運平が、その必要性を感じ1906年(明治39年)に開校、後に道立に移管した。

2017年夏の時点で、敷地及び建物は売りに出されているので、中庭や校舎前といった場所ではなく、辺縁部のどこかであろうと推察される。地図は、かつて小樽聾学校があった場所(小樽市入船4-28-38)を示しています。

参考

写真


地図

地図

小樽市入船 付近