札幌 報恩学園 発祥の地

さっぽろほうおんがくえんはっしょうのち

大正7年(1918年)に札幌郡藻岩村大字山鼻村(札幌市中央区南14条西16丁目)に創設された。戦後は、児童福祉法制定とともに、知的障がい児施設として再スタート。昭和38年(1963年)に上野幌に移転後、あいた土地は公務員宿舎として使用されていた。公務員宿舎は2015年頃に取り壊され、平成29年(2017年)に札幌報恩会の施設「幌西ほうおん」が開設された。

報恩学園が去った1963年から幌西ほうおんができる2017年までの間も、報恩の地であることをアピールし続けた。

参考

写真


碑文

札幌報恩学園発祥の地

大正7年11月30日小池九一この地に創設昭和37年12月20日札幌市上野幌へ移転

昭和39年6月15日建設

地図

地図

北海道札幌市中央区南14条西16丁目2 付近 [ストリートビュー]