北星学園 男子 高等学校 発祥の地

ほくせいがくえんだんしこうとうがっこうはっしょうのち

JR函館本線の琴似駅の東、八軒一条東2丁目の区画の北端に,8階建ての大きなマンション“グリーンヴィラ琴似C棟”がある。この駐車場の隅に「北星学園男子高等学校発祥の地」と書かれ, 円柱の上に箱を載せたようなユニークな形の碑が建っている。

北星学園は,プロテスタント・キリスト教主義に基づき,女子中学校・女子高等学校・短期大学・大学・大学附属高等学校・余市高等学校を擁する総合学園。その歴史は,1887(明治20)年に アメリカ人宣教師サラ・クララ・スミスがキリスト教主義の「スミス塾」を創立したことに始まり,札幌初の女学校となった。

戦後 男女共学の4年制の北星大学を開設し,同時期に男子高等学校が設立された。

沿革

  • 1962(昭和37)年,高校生の急増に対応して 琴似町八軒に「北星学園男子高等学校」を設立。
  • 1980(昭和55)年に 現在の校地(厚別区厚別町)に校舎を新築して移転。
  • 1987(昭和62)年に 男女共学となり「北星新札幌高等学校」と改称。
  • 2002(平成14)年,「北星学園大学附属高等学校」と改称。現在に至る。

写真

  • 北星学園男子高等学校発祥の碑
  • 北星学園男子高等学校発祥の碑
  • 北星学園男子高等学校発祥の碑
  • 北星学園男子高等学校発祥の碑 背面

碑文

北星学園男子高等学校
発祥の碑
1962-1980

土地提供者
1951年11月1日
我孫子孝次氏
宮坂 實氏
宮坂 茂氏
宮坂武雄氏

地図

地図

札幌市西区八軒一条東 付近 [ストリートビュー]