サザエ食品 株式会社 発祥の地

さざえしょくひんかぶしきがいしゃはっしょうのち

現存せず
調査:
2011年5月
2018年2月(情報追記)

札幌市電の幌南こうなん小学校前停留所から南西に800m。北海道尚志しょうし高校の南に 白石藻岩しろいわもいわ通に面して“MTビル”があり,その1階に“サザエの十勝おはぎ”という看板を掲げた店がある。このビルの駐車場の西端に「サザエ食品中の島本店」と書かれた柱が建っており,その側面に「サザエ食品株式会社発祥の地」と書かれた木碑(看板)が添えられている。

サザエ食品㈱は,札幌市宮の森に本社を構える食品会社。主な製品は,北海道十勝産の小豆と道内産のもち米を使用した おはぎ・おやき などの和菓子類。1957(昭和32)年に 函館市の朝市に 5坪の小さな食堂「サザエ食堂」を出店したことに始まる。

この時は食堂のメニューに“おはぎ”などはなく,普通の食堂であったが,店主(現 野村とみ会長)が家族や従業員のオヤツとして おはぎをよく作っていた。これを見た客からの求めに応じて 店で提供するようになり,“大きくて・安くて・おいしい,手作りのおはぎ”として評判になり,「サザエ」は食堂から おはぎの店になった。

1966(昭和41)年に この地・札幌市中の島に おはぎ屋兼レストランを開店。1970(昭和45)年に 本社・工場を中の島に移し「サザエ食品㈱」を設立した。(本社は 1977(昭和52)年に 中央区宮の森に移転)

その後 北海道内および東京のデパートなどに出店,現在では 年商100億円を超える,北海道の和菓子メーカーではトップ企業である。ちなみに 首都圏のおはぎ愛好家の間でも「十勝おはぎ」の名前は有名である。

会社名の「サザエ」は,現会長が“サザエさんのような明るい店にしたい”という願いから名付けたものという。また 兵庫県にも「㈱サザエ食品」があるが,札幌の「サザエ食品㈱」とは姉妹会社の関係にある。


2015年版のストリートビューでは、すでに柱ごと撤去済で、中の島本店も空き家になっています。白い恋人賞味期限改竄でお馴染みの石屋製菓の完全子会社になった影響なのかもしれません。

写真

  • サザエ食品株式会社 中の島本店
  • サザエ食品株式会社発祥の地 背面
  • サザエ食品株式会社発祥の地
  • サザエ食品株式会社発祥の地 中の島本店

碑文

サザエ食品株式会社発祥の地

創立 昭和四十一年八月
           野村とみ

見てほしや褒めてほしやの花ならば
深山に花ぞ咲かなからまじ
とみ詠

リンク

サザエ食品㈱

地図

地図

豊平区中の島2条7丁目 付近 [ストリートビュー]