人工雪 誕生の地

じんこうゆきたんじょうのち

JR札幌駅の北西1km。北海道大学の クラーク会館から構内の道路を北へ300mほど進むと, 総合博物館の先の“ファカルティハウス・エンレイソウ”の玄関前東側に, 六角形の白御影石の石碑が建っている。
石碑の隣には, 札幌市北区役所が設置した「北区歴史と文化の八十八選」の一つとして 「人工雪誕生の地」の説明板が建てられている。[写真・右] ここは, 1936(昭和11)年に 北大理学部の中谷宇吉郎教授が, 世界で初めて雪の結晶を人工的に作る ことに成功した場所。研究を始めてから3年目にしてようやく成功したという。
その後 研究が重ねられ, 降ってきた雪の結晶を見て どのような気象条件のもとで生まれ 成長したかを 逆にたどることが可能になった。
中谷教授は「雪は天から送られた手紙である」 という言葉を残している。

人工雪誕生の地 碑

http://hamadayori.com/hass-col/education/ArtificialSnow.htm

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/education/ArtificialSnow.htm

碑文

人工雪誕生の地

 この地は 昭和10年10月 常時低温研究室が建て られた場所である 翌年3月 ここで理学部物理学科 中谷宇吉郎教授が 初めて雪の結晶を人工的に成長 させることに成功した 人工雪の実験は 同年10月 天覧の栄に浴し さらに数年たゆむことなく続けられ ついに雪結晶生成機構が明らかにされた この研究によ り同教授は昭和16年5月 日本学士院賞を受けた
 その後も この30平方米余の小さな低温室から は 凍上 雷 着氷 円板氷結晶などに関する数々 の先駆的研究が産み出された これらの研究成果は 本学低温科学研究所創立の機運を導き またわが国 雪氷学・雲物理学発展の基盤となったばかりでなく 国際的にも高い評価を受けた この研究室は昭和16年 低温科学研究所分室となったが 後同所の拡張 移転に際して理学部所管となり 昭和53年8月 その使命を終えて撤去された
 われわれはこのゆかりの地に碑を建て北海道大学 が世界に誇る雪氷研究の原点を永久に記念する

昭和54年7月4日
 人工雪誕生の地記念碑建設期成会

地図

地図

札幌市北区北十一条西8丁目 北海道大学 付近 [ストリートビュー]