水田 発祥之地(当別)

すいでんはっしょうのち

 
調査:
2020年1月(写真 まさ・なち さん)

学園都市線 石狩当別駅北方の広場の駐車場脇に石碑が建つ。

明治5年(1872)に、当地、当別村田の沢(当時)に水田を拓いたのが始めという。今では稲作体験等も行われているようだ。札幌から30kmほど北東であり、当時は稲作北限地だった。

北海道内の発祥の地碑として数多く水田発祥の地が数えられるが、《北海道「水田発祥の地」記念碑》という書籍が発行されるほどである。

写真

  • 水田発祥之地

碑文

水田発祥之地

当別町長 泉亭俊彦書

当別町の稲作

当別町の稲作は、開拓の始めに移住した伊達邦直が、肥培管理を瀬戸勘三郎に明治、明治五年、当別村田の沢に二反歩の水田を拓いたのが始まりとされており、当時としては北海道の稲作の北限でありました。
その後、明治二十年代後半、大規模な増田計画を樹立することまでとなりました。

平成十六年十一月吉日 建立

地図

地図

当別町若葉 付近 [ストリートビュー]