江別 発祥の地

えべつはっしょうのち

函館本線 江別駅の北西3.5km。国道275号が 石狩川を渡る“新石狩大橋”の手前で 東に 600m入った地点に“榎本公園”がある。公園の入口に 2mほどの標柱が建っている。

また 公園の中に「榎本武揚顕彰碑」があり, これの碑文にも ここが 江別発祥の地である ことが記されている。

江別市は 札幌市の東隣に位置する 人口12万余の中都市。江別の開拓は, 1871(明治4)年に 宮城県人の21戸76人が ここ対雁ついしかりに来たのが 始まりとされる。

榎本武揚は, 1869(明治2)年に 函館戦争に敗れて五稜郭で官軍に降伏し 捕らえられたが, 「これからの日本に必要不可欠な人物」として 3年後に釈放され, そのまま北海道開拓使勤務となって要職につくかたわら, 1873(明治6)年に ここ対雁の地に 個人的に10万坪の土地を取得して 農園を開いた。その跡地が ここ“榎本公園”である。

その後 1878(明治11)年には 屯田兵も入って 江別村となり, 1916(大正5)年には 江別町に昇格。1954(昭和29)年に 市制が施行されて江別市が誕生した。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/event/Ebetsu.htm

地図

地図

江別市工栄町 付近