寒地稲作この地に始まる

かんちいなさくこのちにはじまる

千歳線 島松駅から西に3km。国道36号線を千歳方面から北に進み 恵庭市から北広島市に入るとすぐ西側に広島畜産センターがある。その向い側の広場に クラーク博士記念碑とならんで「寒地稲作この地に始まる」と書かれた白い石碑が建っている。

北海道における稲作は.寛文年間に渡島大野おしまおおの地方(北斗市)で始められたが 十分な収穫が得られず,1850(嘉永3)年にようやく成功を見た。明治に入り設置された開拓使は,牧畜と畑作中心の農業を推進し,寒冷な北海道での稲作は不可能であるとして,道南地方を除いて 稲作に取り組むことを禁止した。

しかし 開拓農民の米作りへの執着心は強く,各地で多くの努力がなされた。 その中で 中山久蔵という人物が 1871(明治4)年に この地 島松に入植し“赤毛種”と呼ばれる耐寒性の強い品種を用いて試作をはじめた。水温を一定に保つため昼夜を問わず管理し,2年後にようやく種もみの発芽に成功,反当り345kgの米を収穫。これが北海道の米づくりの夜明けとなった。

その後 各地の開拓移民に種もみを無償で配布,ここから全道に米づくりが広がった。
中山久蔵が 北海道で本格的な米作りを普及させた功績はきわめて大きく,“寒地稲作の祖”と呼ばれている。

余談だが,中山久蔵は 1884(明治17)年に 島松の駅逓取扱を命ぜられ,1897(明治30)年に駅逓が廃止されるまでの13年間 駅逓所の経営にあたった。駅逓は 駅舎と人馬を備えて,宿泊と運送の便をはかる施設で,開拓期の北海道で重要な役割を果たした。島松駅逓所は1873(明治6)年に札幌本道(現在の国道36号)の開通に伴い設置された。

札幌農学校の初代教頭を務めたウィリアム・クラーク博士は,1877(明治10)年に 在任8ヶ月で札幌を去るにあたり,多くの学生や職員に見送られて,ここ島松駅逓所で「Boys少年よ be ambitious大志を抱け」という有名な言葉を残して帰国の途についた。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/agri/KantiInasaku.html

地図

地図

北広島市島松 付近