肢体不自由 教育 発祥の地

したいふじゆうきょういくはっしょうのち

南麻布2丁目, 古川橋-三の橋の通りから 奥に入り込んだところ, 曹渓寺というお寺の前に 「絶江児童公園」という小さな子供の遊び場がある。 この公園の片隅に 小さな黒い石碑が隠れるように建っている。 1932(昭和7)年 ここ曹渓寺の一角に 「東京市立光明学校」が "小学校に類する各種学校"として開設された。 日本最初の 肢体不自由児を対象とした教育である。
1939(昭和14)年 世田谷区松原に 新校舎落成・移転。
現在は 「東京都立光明養護学校」として, 世田谷・目黒・渋谷・杉並・中野・港・新宿 の各区から およそ200名の 小・中・高校生が通学している。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/education/sitaifujiyu.htm

碑文

肢体不自由教育発祥の地

昭和7年6月19日, 当地に東京市立光明学校という 我が国における最初の肢体不自由教育が発祥した。
東京都立光明養護学校創立50周年記念に当り この碑を建立する。

昭和57年1月30日

地図

地図

港区南麻布 曹渓寺 付近