泡無酵母 発祥之地

あわなしこうぼはっしょうのち

JR木次きすき線 出雲横田駅から北へ約600m。小さな交差点の緑地に、立派な石碑が建つ。この場所は以前、簸上ひかみ清酒の蔵があった場所。平成18年(2006)10月建立。

日本酒の醸造過程では樽一杯に泡が立つものだが、簸上清酒ではまれに泡の立たない樽があった。それを研究して特定したものが、現在の泡無酵母となった。

仁多にた郡横田町は、平成17年(2005)に仁多町と合併し、奥出雲町となった。

写真


碑文

泡無酵母
発祥之地

秋山祐一書

地図

地図

奥出雲町横田六日市 付近 [ストリートビュー]