七號酵母 誕生之酒蔵

ななごうこうぼたんじょうのさかぐら

JR中央本線の上諏訪駅から 南東に800m。国道20号に面して 宮坂醸造㈱の建物がある。ショールームを兼ねた店と裏の酒蔵の間の中庭に、あまり人目にふれることのない石碑が ひっそりと建っている。

日本酒“真澄”で知られる宮坂醸造の創業は1662(寛文元)年。諏訪大社の宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸造し早くから近隣に知られていた。

1946(昭和21)年、真澄の酒蔵から一つの清酒酵母が分離され「協会7号」と登録された。「協会7号」とは「協会酵母」の一種で、発酵力が強く華やかな香りを持つ。吟醸酒はこの酵母によって初めて造られたとも言われる。

協会酵母は日本醸造協会に登録され、協会が広く醸造メーカーに頒布している酵母で、日本酒の他にも焼酎やワインの酵母菌が含まれる。

明治37年に初めて“1号酵母”が“桜正宗”から分離され、以来“2号酵母”が“月桂冠”から……と続き、“10号酵母”は昭和53年に登録された。この他にも多くの派生酵母があるという。宮坂醸造では7号酵母を使った高級酒として「真澄・山廃純米大吟醸『七號』」を製造・販売している。

なお、この碑の他に、奥の酒蔵の中には「1946七号酵母誕生の地」というプレートがあるとのことだが、残念ながらそこまでは見せてもらえなかった。ウェブサイトにちらり登場するので見てみるとよい(無くなるかもしれません)。

写真

  • 七号酵母誕生之酒蔵
  • 七号酵母誕生之酒蔵 側面
  • 七号酵母誕生之酒蔵 背面
  • 七号酵母誕生之酒蔵 側面
  • 真澄 大吟醸「七號」

碑文

七號酵母誕生之酒蔵

昭和二十一年一月 採取
国税庁醸造試験所長

山田正一 筆

1946

七号酵母
誕生の地

山田正一 書

地図

地図

諏訪市元町 付近