ブルーベリー 栽培発祥の地

ぶるーべりーさいばいはっしょうのち

西武新宿線 花小金井駅の南口 駅前広場に, ポツンと一本の木製の碑が建っている。 「ブルーベリー栽培発祥の地 こだいら」とある。

日本でのブルーベリー栽培は, 戦後 東京農工大学の岩垣駛夫教授が1952(昭和27)年に アメリカから持ち帰った苗からスタートした。当時 農工大の学生だった島村速雄氏は栽培法を習得し, 1968(昭和43)年に「島村ブルーベリー農園」を開いた。

当時 日本ではブルーベリーは全く知られておらず市場ではほとんど受け入れられなかったが, 1970年代になってブルーベリージャムのCMが放映されると一気にブームとなり, 地元 小平市だけでなく各地に栽培農園も拡がっていった。

小平市は, 島村ブルーベリー農園の地元である 花小金井駅前に発祥碑を建て, 同時に駅前広場にブルーベリーを植樹するなど, 「ブルーベリー『経済栽培』発祥の地」の PR作戦をすすめている。

参考:小平市予備.zip)、島村ブルーベリー園

写真

  • 花小金井駅
  • ブルーベリー栽培発祥の地
  • ブルーベリー栽培発祥の地
  • ブルーベリー栽培発祥の地

碑文

ブルーベリー栽培発祥の地 こだいら

地図

地図

小平市花小金井南町1丁目 付近 [ストリートビュー]