中国 同盟会 発祥の地

ちゅうごくどうめいかいはっしょうのち

平成31年(2019)に再オープンしたホテルオークラ本館オークラ東京の前、港区立江戸見坂公園(港区虎ノ門2丁目10-4)に同年、石碑が設置された。

明治38年(1905)当時 大倉喜八郎邸だったこの場所で、中国革命勢力各派の100人以上が集結し、政治結社「中国同盟会」が結成された。リーダー孫文を総理に選出、辛亥革命によって清朝が討伐、中華民国が建国されることとなる謀議が行われた。

写真


碑文

中国同盟会発祥の地

建立
株式会社ホテルオークラ
協賛
中央建物株式会社
大成建設株式会社
公益財団法人大倉文化財団
監修
公益財団法人孫中山記念会

2019年(令和元年)8月吉日

中国同盟会発祥の地

1905年8月20日大倉喜八郎邸すなわち此地、現ホテルオークラにおいて、孫文を沢入とする中国同盟会が結成された。その後、中国同盟会が母体となった辛亥革命により、1912年、アジア史上初の共和国家、中華民国が誕生した。その意義を称え、同時に末永い日中友好を期して記念碑を建立する。

一九零五年八月二十日,中國同盟會以孫中山為總理在此地,即存在於大倉東京飯店原 址的大倉喜八郎的私宅宣告成立。其後,由中國同盟會發起的辛亥革命在中國成功,於是 中華民國做為亞洲歷史上第一個共和國家誕生了。為留下紀念,並祝願目中兩國世世代代 友好,特立此碑。

地図

地図

港区虎ノ門二丁目 付近