群馬県 蹴球協会 発祥の地

ぐんまけんしゅうきゅうきょうかいはっしょうのち

東武伊勢崎線 館林駅から東に1.2km。館林市役所の西隣にある館林市文化会館の南側(会議棟)の前に, 赤褐色の台石の上と黒いY字形の柱,その上に置かれたサッカーボールという組合せのモニュメントが建っている。

資料が得られなかったため 詳しいことはわからないが,碑文からおおよその経緯が読み取れる。

館林蹴球協会(現・群馬県サッカー協会)は 館林高校(旧制 館林中学)のサッカー部を母体として, 昭和24年(1949) に設立された。このモニュメントは 協会設立50周年を記念して 設置された。

写真

  • 群馬県蹴球協会発祥の地
  • 群馬県蹴球協会発祥の地 側面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地
  • 群馬県蹴球協会発祥の地 背面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地 側面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地 正面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地(2021)
  • 群馬県蹴球協会発祥の地(2021) 正面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地(2021) 側面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地(2021) 背面
  • 群馬県蹴球協会発祥の地(2021) 側面

碑文

群馬県蹴球協会
発祥の地

1949.8.22

群馬県蹴球協会創立
沿革史

S20.4.3 爆撃
     群馬県立館林中学校
S22.4  同校蹴球部同好会発足
S23.6  専用競技場整備
        飯島徳治氏
      故 柴田冨五氏
      故 浅見一也氏
S24.8.22 群馬県蹴球協会発足
      日本蹴球協会
       故 小野卓爾氏
         (協会運営指導)
       故 宮本能久氏
         (大会運営技術指導)
         村形繁明氏
         (審判指導)

群馬県立館林高等学校
サッカー部足跡

●国民体育大会
  S29 北海道
      関東第三位代表
  S32 静岡
  S33 富山
      全国第四位
  S34 東京
       全国第五位
  S35 熊本
   S36 秋田
  S38 山口
      全国第五位
  S42 大分
●全国選手権大会
  S33 西宮
  S35 西宮
  S37 西宮
     兵庫県西宮市
●全国総体
  S41 青森
  S42 福井

設立尽力者

群馬県蹴球協会
 会長  遠藤仁之輔
 参与  柴田 冨五
 理事長 飯島 徳治

群馬県立館林高等学校
サッカー部OB会

2000年5月14日建立

地図

地図

館林市城町 付近 [ストリートビュー]