埼玉 サッカー 発祥の地

さいたまさっかーはっしょうのち

さいたま市役所は, 京浜東北線 浦和駅、北浦和駅,埼京線 南与野、中浦和の4つの駅から ほぼ等距離にある。

市役所の前庭に ボールを追う2人のサッカー選手をかたどった碑が建つ。 ここは 浦和市役所だった場所で, 平成13年(2001)5月に 浦和市・大宮市・与野市の3市が合併し さいたま市が発足して 「さいたま市役所」となった。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/sports/SaitamaSoccer.htm

碑文

埼玉サッカー発祥の地碑文

 埼玉のサッカーは明治41年6月に 埼玉師範(現在の埼玉大学)ではじまり, 多くの指導者が浦和を中心に教師として 赴任したことにより, 普及・発展をとげ ました。
ここ浦和市役所は埼玉師範の跡地に建 てられたものであり, まさに埼玉サッカー 発祥の地であります。
 未来に向けて, サッカーの街づくりを より一層推進するため, 埼玉師範が全国 大会で初優勝を飾ってから60周年目 の本年, 埼玉サッカー発祥の地の記念碑を 建設いたしました。

平成9年4月

浦和市長 相川宗一

地図

地図

さいたま市浦和区常盤6丁目 付近 [ストリートビュー]