秦野 水道 発祥の地

はだのすいどうのそうせつ

小田急線 秦野駅の北西約1km。曽屋神社の斜め向かいに曽屋配水場跡地である曽屋水道記念公園(秦野市水神町9-23)があって, その敷地内に 「曽屋水道」の説明板が建っている。すぐ近くには「紀年碑」と書かれた大きな石碑も建っているが, 風化して碑文は読めない。

ここは かつて曽屋水道の浄水場が設置されていた場所。現在は「曽屋配水場」と呼ばれる 公園になっている。説明板の設置時期は不明だが, かなり古くなっていて 上半分の文字は読み取るのが非常に困難。

秦野市の水道は明治23年( 1890) に給水を開始した「曽屋水道」に始まる。 これは全国的にも非常に早く, 横浜・函館についで3番目と言われる。それ以前に飲用水として用いられていた用水路から コレラが伝染し 多数の犠牲者を出したことを契機に 陶管を利用した水道が敷設された。延長5kmと 比較的小規模なものだったが, 技術上の援助のほかは 一切を住民が費用負担した「自営水道」だった。簡易陶管水道・自営水道としては 日本初である。

大正12年(1923) の関東大震災で 水道施設や配水管は破損したため, 陶管は鉄管に 貯水池は地下式配水池に改良して復旧された。昭和45年(1970)から 市内13系統に分かれていた水道を統合整備し, 秦野市水道は一本化された。


平成31年~令和2年にかけてのうちに、「秦野水道発祥の地」看板が公園入口に掲げられた

写真

  • 秦野水道の創設 説明
  • 曽屋水道記念公園
  • 秦野水道発祥の地
  • 紀年碑
  • 曽屋水道記念公園

碑文

秦野水道発祥の地

秦野水道の創設  = 曽屋水道 =

秦野南の水道は明治20年に当時の曽屋村を舞台に誕生しました。 それ以前人々は曽屋神社及び乳牛水神社の湧水を用水路に流して 飲用や洗い物などに使用していました。しかし, 人口の増加に伴い, 源泉附近では「清麗珠の如き水」も下流■■従い混濁し また降雨の際は 路上の泥砂塵が用水路に流入して飲用することは非常に困難になり, さらに明治十二年八月にはこの用水路を介してコレラが発生し, 八十一人の患者が出て 二十五人もの犠牲者を出しました。 これを契機に識者の間で飲料水改良の対策が検討され 「簡易陶管ヲ使用シテ水道を敷設シタルハ曽屋水道ヲ以テ■■■■」と決意を示し 明治二十年三月に水道工事委員三十七名の連署をもって, 県へ飲料水改良に関する工事を■■■■■し また,明治二十一年三月に 「水道布設工事監督願」と「曽屋村水道工事規約及び■■規則」の認可■■■し 同年四月に県の事業認可を得ました。その後同年九月に「衛生ノ道ヲ議スルト同時ニ 土地繁栄ノ基ヲ為シ全国に■■ノ範ヲ示スベシ」という意志を宣明して 更に水道工事申合規約を制定して, 明治二十三年三月十五日■れ ■■■かいて 全国三番目に給水を開始しました。

給水区域  上曽屋・中曽屋・下曽屋・大道・乳牛・■■・仲宿・下宿・潟町・池■■・■■
給水人口  三千人
給水戸数  八百戸
給水場   ■■■■■製内径三寸(9センチメートル)の陶管
      延長■■里九町■間(4,916メートル)
■■    ■■■■に湧出する二個の清泉を■■
浄水■■  ■■は現在の曽屋配水場
      ■■■四百■■■■■(■■メートル)
      ■■■沈殿池 濾過池・貯水池の三池からなる。
専用口   五十口(使用料年額一円)
共用口   五十口 ■■間(■■メートル)ごとに設置
事業費   一万一千三百六十五円

地図

地図

水神町 付近 [ストリートビュー]