川崎市 水道 発祥地之碑

かわさきしすいどうはっしょうちのひ

南武線 矢向駅の北東 800m。幸区役所の隣にある「幸文化センター」の入口前に, 小型の噴水のあるモニュメントとならんで 赤い御影石の石碑が建っている。

近くに「川崎歴史ガイド 夢見ヶ崎と鹿島田ルート」という説明板がある


後に、建物ファサードのバリアフリー等の工事で、物の配置も変更されたようだ。

写真

  • 市内最初の近代水道
  • 川崎市水道発祥地之碑
  • 川崎市水道発祥地之碑
  • 川崎市水道発祥地之碑 背面+モニュメント
  • 幸文化センター

碑文

川崎市水道発祥地之碑

川崎市がこの地に初めて浄水場を設置し近代的水道とし て給水を開始したのは大正10年である 以来昭和43年その機能を停止するまで川崎市民の生活を支えるとともに市勢の発展に大きな役割を果してきた 今ここに川崎市幸文化センターを建設するにあたり戸手浄水場の跡を広く市民に伝えるためにこの碑を建立するものである

昭和55年7月

川崎市長 伊藤三郎

市内最初の近代水道

 かつてここには, 市内最初の近代水道施設である戸手浄水場がつくられ, 飲料水に恵まれなかった川崎町の水事情が一変した。
 完成が大正10年。市内でも水質のよい宮内から取り入れた 多摩川の水を約7キロメートルの導水管で戸手へ導いた。 当時の計画給水人口は4万人, 1日最大給水 量は3320立方メートルであった。
 その後, 急激な人口増加に伴って, 昭和13年に菅から 取り込んだ多摩川の伏流水を水源とする生田浄水場が通水, 昭和29年には相模湖下流の沼本取水口からのトンネルが 約32キロにも及ぶ長沢浄水場が完成するなど, 川崎市水道の発展に伴い, 戸手浄水場は昭和43年に その役割を終えた。

地図

地図

幸区戸手本町 付近