ハマチ 養殖 発祥の地

はまちようしょくはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

写真


碑文

ハマチ養殖発祥の地・安戸あどいけ

安戸池は「池」と呼ばれていますが、波や風によって運ばれた砂が積み重なってできた堤防で海と区切られた潟湖です。
古くは寛政11年(1799)の『讃岐廻遊記』や嘉永6年(1853)の『讃岐国名勝図会』など江戸時代の記録に、安戸池ボラ漁が紹介されており、古くから豊かな漁場でした。
この安戸池でハマチ養殖を成功させたのは、野網和三郎(1908~1969)です彼は東かがわ市引田(当時大川郡引田町)の網元の三男として生まれました。若いころから瀬戸内海の沿岸漁業の将来を考えており、海水魚の養殖に着目しました。当時、海水での養殖はノリやカキ、真珠程度であり、海水魚養殖は事業化されていませんでした。和三郎は海水魚養殖場として、豊かな漁場であった安戸池に注目しました。
和三郎は失敗を重ねながらも、父佐吉の協力を得て、昭和3年(1928)、安戸池でハマチ養殖の事業化に成功しました。これは日本はもとより世界で初めての海水魚養殖の成功でした。彼の「とる漁業からつくる漁業へ」という考えは、世界の海水魚の養殖の道を拓いたともいえあす。
昭和20年代には安戸池の観光化が進み、周りには旅館もありました。昭和30年代には1日に1500人もの観光客が安戸池に足を運んでいました。
現在の安戸池には、体験学習館マーレリッコや安戸池釣場などがあります。

東かがわ市教育委員会

地図

地図

69QW+HG 東かがわ市、香川県 付近 [ストリートビュー]