遥かな友に 誕生の地

はるかなともにたんじょうのち

中央本線 藤野駅から南に8km。国道413号線 道志道の“夫婦園”バス停から相模川に向かって細い私道を800m程下ると,夫婦園キャンプ場(相模原市緑区青根98)の事務所がある。事務所前の小さな池の畔に「遥かな友に 誕生の地」という平板状の石碑が,また 事務所の入口上に「“遥かな友に”発祥の地」と書かれた看板がある。さらに,キャンプ場に入って少し上流の“緑の休暇村”に 「遥かな友に」と書かれた立派な歌碑が建っている。

「遥かな友に」は,磯部俶が昭和26年(1951) に作詩作曲した合唱曲。磯部俶は 早稲田大学グリークラブの合唱指導をしており,クラブのOBでもあった。

「遥かな友に」の誕生には次のようなエピソードが残されている。

グリークラブは 昭和24年(1949)~26年(1951) の3年間,神奈川県津久井渓谷の夫婦園に一軒家を借りて,夏と秋に合宿をしていた。昭和26年(1951) 夏の合宿の時,新入部員が枕投げをするなど あまりにもはしゃいでなかなか寝ないのに上級生が頭を痛め,「明日の練習に差し支えるので何とか早く寝かせたい」と磯部氏に相談したところ,磯部氏は腹ばいになりながら 五線紙もない中で即興的に作曲したのが この「遥かな友に」だった。

この歌は最初 グリークラブのパートリーダー達4名が無伴奏で歌っていたが,その後 ボーカルグループ・ボニ―ジャックスがレコード化し,NHKの“みんなのうた”に取り上げられたため 広く全国に広がり,男性合唱,女声合唱などに編曲され,今日も親しまれている。

「遥かな友に」の歌碑は昭和61年(1986) に,また誕生の地碑は 平成13年(2001) に建立された。

写真

  • 遥かな友に誕生の地
  • 遥かな友に発祥の地
  • 遥かな友に 歌碑

碑文

磯部俶作詞作曲五十年記念

合唱曲 遥かな友に 誕生の地

昭和二十六年七月二日誕生
題字 磯部 俶

“遥かな友に”発祥の地

合唱曲の名作“遥かな友に”は 当キャンプ場で 磯部俶先生 により作曲されました
男性合唱の名門 早稲田大学グリークラブ は昭和24・25・26年の3年間(夏10日間・秋5日間)当キャンプ場で合宿しました
昭和26年夏 グリークラブのOBであり また当時の指揮者でもあった 磯部俶先生 が 学生たちのために作曲・作詩したのがこの“遥かな友に”です その後この曲はグリークラブの愛唱歌としてだけでなく 他の合唱団にも愛唱され 全国に拡がりました
今では日本の代表的合唱曲として 広く世界で歌われています。

地図

地図

模原市緑区青根 付近