茨城県 トライアスロン発祥の地

いばらきけんとらいあすろんはっしょうのち

鹿島線 潮来いたこ駅から南に250m。常陸利根川の堤防上,霞ヶ浦河川事務所の前。川に向かって「茨城県トライアスロン発祥の地」の石碑がある。すぐ横に“トライアスロンパーク”と書かれた碑もある。2つの碑がある場所は 堤防上の他の場所に比べて広くなっている事もなく,どこがパークかと思える様な狭い場所。

潮来は霞ヶ浦をはじめ 多くの河川に面しているため,ボート競技などウォータースポーツが盛んである。1981(昭和58)年に 日本初のトライアスロン大会が島根県皆生かいけ温泉で開催され,その6年後の1987(昭和62)年に 茨城県で初めて「潮来トライアスロン全国大会」が,この地 霞ヶ浦から流れ出る 常陸利根川で行われた。それて以来毎年 この発祥碑のある場所をメイン会場に,スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmのコースで全国大会が開催されている。

この碑は 1994年の第8回大会に際して 茨城県のトライアスロン協会によって建立された。

写真

  • 茨城県トライアスロン発祥の地 碑文
  • 茨城県トライアスロン発祥の地 背面

碑文

茨城県トライアスロン発祥の地

茨城トライアスロン協会会長 香取 衛 書

みはるかす緑の台地,豊かなる水の流れをうけて
今,新しきスポーツの風起こる
一九八五年八月,この地,常陸利根川に
若人あい集い,泳ぎ,走り,躍動す
あゝ素晴らしきかな,自然の恵み
あゝ素晴らしきかな,自然の生命
あゝ素晴らしきかな,自然とスポーツの調和
自然の力を用いて,自然の恩を忘るるは不可なり
この志魂,永く伝承すべく
こゝに記念の碑を建立するものなり

一九九四年五月
 茨城トライアスロン協会

協力
 建設省関東地方建設局霞ヶ浦工事事務所
 水資源開発公団霞ヶ浦開発事業建設部

茨城県トライアスロン
発祥の地

茨城県トライアスロン協会 会長 香取 衛 題字
同 理事長 植田善継 撰文
同 トライアスリート 中嶋一仁 刻

地図

地図

潮来市潮来 付近 [ストリートビュー]