海援隊 発祥の地

かいえんたいはっしょうのち

長崎電軌 西浜町停留所の北120m。中島川に架かる銭橋の 西 東詰、アーケード街から横断歩道を渡った所に, 路面電車の線路と川に挟まれるように石碑が建っている。

海援隊は 江戸時代の末期, 1865(慶応元)年に, 土佐藩脱藩浪士であった 坂本龍馬らによって 組織された「亀山社中」に始まる。勝海舟による 海軍操練所の解散に伴い, 航海術などを学んでいた浪士等が参加した亀山社中は, 私設海軍と商社の性格を持ち、日本で最初の株式会社であったと言われる。

2年後(1867年)に 土佐藩をスポンサーとして運営されるようになり, 名称も「海援隊」と改称された。 海援隊は武器などを薩摩藩名義で購入して長州へ流すなどして, 険悪であった薩摩と長州の関係修復を仲介する役割を果たし, 薩長連合のきっかけとなった。1867(慶応3)年秋 坂本龍馬が暗殺された後, 海援隊は求心力を失い後藤象二郎によって 「土佐商会」となった。その後を土佐商会の社員であった岩崎弥太郎が発展させ, 「九十九商会」などを経て郵便汽船三菱会社となり, 後に郵船三菱会社, 日本郵船に引き継がれて行った。

かつてこの場所の近くに「亀山社中跡」が公開されていたが, 現在は閉鎖され, 代わりに亀山社中資料展示場に亀山社中・土佐商会・坂本龍馬の遺品などが展示されている。


後に、銭橋の親柱脇から電車側に数メートル移動した。
また、平成30年(2018)には、西浜町電停は2つあることがわかりにくかったため、銭橋横のアーケード入口の電停のみ「浜町アーケード」と名称が変更された。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/company/Kaientai.htm

碑文

海援隊発祥の地

土佐商会跡
  昭和44年10月建之 長崎市長 諸谷義武

Site of the former Nagasaki branch of Tosa Shokai Co. founded in 1866

 四国の土佐藩は慶応2年(1866)に藩の経済活動を盛んにするため, 藩営の土佐商会を設けた。ここはその長崎出張所の跡である。
ここで藩の産物を売り, 西洋の武器を購入した。
後に三菱造船所を興した岩崎弥太郎は, 主任として駐在し, 坂本龍馬の海援隊もここを拠点として活動した。

地図

地図

長崎市浜町 付近 [ストリートビュー]