河鱒 増養殖 発祥の地

かわますぞうようしょくはっしょうのち

JR日光線の日光駅から西に20km。中禅寺湖の北岸に“さかなと森の観察園“がある。国道120号線に面する入口から入ると,正面に資料館(旧庁舎)があり,その前に「河鱒増養殖発祥の地」と刻まれた石碑が建っている。

“さかなと森の観察園“は,水産総合研究センターの広報施設で,広大な研究所の敷地の一部を一般に公開していて淡水魚について学ぶことができる。多数の養殖池があり,ヤマメ・イワナ・ヒメマスなどの鮭鱒類やチョウザメなどが養殖されている。

この施設は,1906(明治39)年に 旧“日光養魚場“として設立された。設立当初 この土地は皇室御料地であったため,養魚場は宮内省に所属して“御料局日光養魚場“と呼ばれ,戦後日光の御料地が国の管理に移されたことにより,1947(昭和22)年に“林野庁宇都宮営林署養魚場“となり,やがて水産庁の所管となり,2001(平成13)年からは 独立行政法人水産総合研究センターの所属となった。
施設の一般公開は 1961(昭和36)年より行われている。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/agri/KawamasuYoshoku.html

地図

地図

日光市中宮祠 付近