國歌 君代 発祥之地

こっかきみがよはっしょうのち

横浜の山手公園の南側に妙香寺という寺がある。この寺の境内に君が代発祥に関する石碑が2つ建っていて、一つには「国歌君が代由緒地」もう一つは「国歌君代発祥之地」と書かれている。

国歌君代発祥之地

後者には「名勝史跡四十五佳選当選記念」とあり、昭和10年ごろに横浜貿易新報社(神奈川新聞社の前身)が県内の名勝史跡45カ所を募集し選ばれた場所であることを示している。前者の石碑の由来ははっきりしない。

君が代は外交儀礼上の必要から、薩摩琵琶歌『蓬莱山』から選ばれた歌詞に、英国歩兵隊軍楽隊長だったイギリス人フェントンに作曲を依頼して作られ、明治3年わが国最初の陸軍観兵式に際して明治天皇の前で初めて演奏された。しかしこの最初のバージョンの君が代は、メロディーが日本語になじまないため日本人には受け入れられず、10年後に現代版の「君が代」に変更された。

なおここ妙香寺には、他に「日本吹奏楽発祥の地」碑がある。

写真

  • 君が代由緒地
  • 妙香寺
  • 国歌 君代発祥之地
  • 妙香寺前

碑文

国歌 君が代由緒地

国歌君代発祥之地

 名勝史跡四十五佳選当選記念
       横濱貿易新報社

地図

地図

横浜市中区妙香寺台 妙香寺 付近