国民保養温泉地・全国第一号

こくみんほようおんせんちぜんこくだいいちごう

昭和29年(1954)に、酸ヶ湯すかゆ温泉(青森)・奥日光湯元温泉(栃木)とともに第一号指定された群馬県 四万温泉。四万の甌穴群のやや東(手前側)の駐車場との間の国道353号沿いに、2~4mほどもある丸太を10本立てた案内表示が立っている。

同時に指定された他の酸ヶ湯・日光において類似の表示があるかといえば、記憶には無い。

国民保養温泉地とは、昭和29年(1954) から指定が始まったもので令和3年(2021)には約80の温泉が登録されている。温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、条件に合うものを大臣が指定する。古く歴史のあるものに限らず、条件に合っていれば開湯間もない場所でも選定されている。

四万温泉は塩化物泉で、26~85℃の湯が沸き出す人気の温泉地。

写真

  • 国民保養温泉地・全国第一号指定

碑文

国民保養温泉地・全国第一号指定

上信越高原国立公園
四万温泉口

The people's helth preservation spa
JoSin-Etsu Highland National Park

地図

地図

四万甌穴 付近 [ストリートビュー]